独自の研修制度や教育制度

これまでハウスクリーニングや家事代行サービス業者などで働いた経験がなくても、入社後に独自の研修制度や教育制度が設けられているので、掃除の専門的な知識や技術を身につけることができます。

「掃除が苦手なので、長続きできないのでは。」とためらう人も、入社後に研修期間がありますので、掃除の基礎から専門的な技術までしっかりとマスターすることができます。

意外にも掃除が苦手な人が、「掃除代行サービスの会社で働くようになってから、掃除が好きになり、職場で学んだことを自宅の掃除にも活かせるようになり、掃除をするのが楽しくなった。」という人もいるほどです。

掃除代行業者では掃除が苦手な人や未経験者も大歓迎の求人が多数ありますので、仕事をしたいと思ったらぜひチャレンジしてはいかがでしょうか。

ほとんどの業者が一般家庭の清掃作業サービスを中心に展開していますが、業者によってはビルや店舗など大きな建物の清掃作業を専門としているところもあります。

 

掃除代行の内容

ハウスクリーニング業者や家事代行サービス業者では、キッチン、トイレ、浴室、玄関、フローリング、サッシガラス、エアコン、レンジフード、照明器具などあらゆる清掃作業サービスが提供されています。

掃除代行業者の求人に応募して採用された場合、研修期間がありますので、その中で掃除の基礎から応用、専門的な技術をみっちり学び、清掃のプロフェッショナルとしての仕事が出来るようになります。

研修期間は業者ごとに違いがありますが、単に掃除の技術を学ぶだけではなく、お客様の自宅や職場など指定された場所に出向いて行くので、接客の基本についても学ぶ必要があります。

この仕事は、専門的な清掃の技術やサービスを提供する仕事であることはもちろん、接客業でもあるので、多くのお客様に好印象を持ってもらえるように、そしてリピーターを増やすための努力も求められます。