家事代行サービスのニーズ高まる

従来は炊事、洗濯、掃除などの家事全般は主婦の仕事という考え方が強く根付いていましたが、近年は女性の社会進出が急速に進み、女性のライフスタイルが大きく変化してきたことから、家事代行サービス専門の業者に依頼して、その分、仕事や育児、そして自分の時間を持とうすとる主婦が増えてきました。

夫婦共働き世帯か年々増加しており、とくに首都圏を中心に家事代行サービスの専門業者が増えています。

料金体系は、単品プランやセットプランなどが用意されており、1回あたりの利用時間は約2時間で、1時間あたりにつきいくらといった料金体系になっています。

それでは、家事代行の費用対効果はどれくらいあるのでしょうか。

家事代行サービスを月2回、1回あたり2時間程度の利用料は平均で約2~3万円が相場です。

育児と家事、仕事を両立させている主婦にとっては、このようなサービスはとても便利です。

仕事が休みの日に家事代行サービスのスタッフに来てもらい、掃除をする場所を伝えておくだけで良いので、家事の負担が軽減されて、子供がいる主婦にとっては、その分、子供と触れ合う時間を持てるようになります。

 

仕事にも家事にも集中できる環境

これまでは、家事は主婦の仕事だと当然のように決めつけられていましたが、仕事と家事、育児を両立させるためには、家事代行の専門業者に依頼することで家事の負担を減らすことが必要とされます。

もちん、家事のすべてを業者にまかせっきりで依存するのではなく、家事の一部について依頼することによって、家事の負担を少し軽減するという考え方です。

家事代行サービスを利用している主婦に話を聞くと、「苦手な掃除も業者さんがしてくれるので、部屋がピカピカになり、室内の環境が良くなり、快適に過ごせるようになった。」「仕事から帰ってきて夕方の食事の用意をするのが負担になっていましたが、家事代行サービスのスタッフがしてくれるので、仕事にも家事にも集中できるようになりました。」という答えが返ってきました。

家事代行サービスを利用して家事を手抜きするという考え方ではなくて、家庭で快適な環境を過ごすために、家族との大切な時間を大切にするために、利用する人が増えているようです。

そういった面では、家事代行の費用対効果は大きいものと考えられます。